ホームパルの
お役立ち情報をチェック!

2020年10月15日

不動の人気を誇るI型キッチン、リフォームするときのポイントは?

I型キッチンは、戸建て・マンション問わず採用されることが多い定番のキッチンです。実際、当社でも取り扱い数NO.1のキッチンとなり、I型キッチンからI型キッチンにリフォームされる施主様も多くいらっしゃいます。

そんな人気のI型キッチンですが、リフォームするときにはいくつか注意しておきたいポイントがあります。

今回はI型キッチンのメリット・デメリットのほか、リフォームのポイントについてまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

I型キッチンの特徴

I型キッチンとは、コンロ・シンク・調理台が一直線につながっているキッチンのことです。

望月
望月
上から見たときにアルファベットの「I」に見えることから「I型」と呼ばれています。

対面型、非対面型の両方に対応し、対面型はペニンシュラキッチン、非対面型は壁付キッチンと呼ばれています。一般的には、後者の壁付キッチンを指すことが多いです。

壁付キッチンは他のキッチンよりもお手入れが簡単。形状もシンプルで、システムキッチンの中で最も価格がリーズナブルなため、一番人気のキッチンになります。

望月
望月
費用の目安としては、I型キッチンからI型キッチンに取り替えるリフォームは100万円前後、床や壁なども変える場合は150万円程度です。

 

I型キッチンのメリット

壁付I型キッチン(以下、I型キッチン)のメリットを確認していきましょう。

・省スペースでも設置できる
・においや油/水ハネが拡散しにくい
・料理に集中しやすい
・収納スペースを確保しやすい
・価格が安価

I型キッチンはコンパクトなため、狭い空間でも設置でき、家事動線も短めです。

壁に向かって設置するため、においの広がりや周囲への油・水ハネも気になりにくいことも挙げられます。キッチン周りのお掃除に手間がかからないと好評です。

I型キッチンは吊り戸棚を付けられるため、他のタイプよりも収納力が高いです。料理が好きで調理器具をたくさんお持ちの方は、特に便利だと思います。

また、価格がリーズナブルな点も大きなメリットです。各メーカー、ラインナップが豊富なので選べる楽しさもありますよ。

望月
望月
最近は、水切りラックや乾燥機が格納されている吊り戸棚もあります。もともとI型キッチンをお使いの方で、特に家族構成が変わらないのであれば、あえて他のタイプに変える必要はないかもしれません。

 

I型キッチンのデメリット

I型キッチンは定番のキッチンということもあり、目立ったデメリットはありません。あえて挙げるとするならば、以下の二点になります。

・リビングやダイニングからキッチンが見える
・壁に向かって料理するため孤独感がある

I型キッチンは、リビングやダイニング側からキッチンの内側が見えるように配置されることが多いため、キッチンが片付いていないと部屋全体が散らかっている印象になってしまいます。

また、壁に向かって作業するため料理に集中できる一方、孤独感を感じやすいといった点があります。

望月
望月
家族とのコミュニケーションの取りやすさは、やはり対面型のほうが優れています。

 

I型キッチンにリフォームするときのポイント

 

I型キッチンにリフォームするときに押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

キッチンのレイアウト

新しいI型キッチンを導入する際は、以下の点に着目してレイアウトを考えます。

・冷蔵庫の位置、サイズ、向き
・キッチンの内側を見せないための工夫
・キッチン窓の使い勝手と見た目の調和

冷蔵庫はキッチンの入り口付近、かつシンクや調理スペースの近くに置くと家事動線が良くなります。

たとえば、リビングにいる家族が冷蔵庫に飲み物を取りに来ても、入り口付近にあれば料理している人の邪魔になりません。

望月
望月
料理をする人にとっても、冷蔵庫から食材を出し、洗う・切るといった一連の動作がスムーズで無駄がありません。

また、最新のI型キッチンは旧タイプのものより、横幅・奥行きが広く設計されています。

キッチンと同列に冷蔵庫を配置する場合は、想定していたスペースに冷蔵庫が収まるように、事前にサイズもしっかり確認します。

その際、冷蔵庫の扉の向きも要チェックです。回り込まなくても中を見られる向きで設置しましょう。

望月
望月
将来的に冷蔵庫を買い替えることも想定して、冷蔵庫置き場は少し余裕を持たせておくのがおすすめです。

デメリットの項目でもお伝えしましたが、I型キッチンはキッチンの内側が見えやすいという特徴があります。

その解決策として、キッチンとダイニングの間に背の低い棚やテーブルを置くのがおすすめです。背が低ければ圧迫感もなく、ちょっとした作業台としても有効です。

望月
望月
片付けが得意な方や調理器具にこだわっている方は、隠すのではなく「見せるキッチン」として楽しむのも良いですね。

また、キッチン窓の使い勝手にも注意が必要です。キッチンの奥行きが広くなることで窓までの距離が遠くなり、鍵の開閉がしづらくなります

出窓カウンターをちょっとした収納スペースとして使っていた場合も、リフォーム後は基本的に使えなくなる可能性があることを覚えておきましょう。

窓の印象は意外と強く、キッチンは新しくなっても窓が古めかしいままだと、見た目の満足感が得られないかもしれません。

望月
望月
その解決策として内窓をつくる方法があります。キッチンに合う色彩やデザインの窓枠を選ぶと、印象がガラッと変わります。

 

キッチンの使いやすさ

料理しやすさ、効率性も確認しておきたいポイントです。

・キッチンの横幅が狭すぎ・広すぎないか
・作業スペースをしっかり確保できているか

I型キッチンは他のキッチンよりコンパクトですが、横幅が狭すぎると調理しにくくなるため注意が必要です。

主に調理スペースが狭くなっていることが多く、食材を並べられない、盛り付けができないなど不便が生じることがあります。

望月
望月
スペースの関係で横幅が狭いキッチンを選択せざるを得ない場合は、水切りかごをシンク上に置けるものにする、吊り戸棚に水切りラックを格納するなどして対応しましょう。

 

一方で、キッチンが広ければ良いというわけでもありません。I型キッチンは横に広がるごとに家事動線が伸びてしまうため、あまり広いと非効率になってしまいます。

望月
望月
I型キッチンの横幅は1m80cm〜3mが一般的。調理スペースは、まな板を置いたときに他のものがおけるぐらいの広さがあるぐらいがベストです。

 

収納について

I型キッチンは、対面型では付けづらい吊り戸棚があるため収納力が高いです。

どのキッチンにも共通して言えることとして、シンク下の収納を引き出しタイプにするだけでも収納力は格段に高まります。

望月
望月
引き出しの高さも選べるため、デッドスペースなく収納することが可能です。

また、リフォームの際には断捨離する方も多いため、思ったより収納スペースに空きができたというケースも少なくありません。

収納については、必ず収納したいものを事前にピックアップし、それをもとにリフォーム会社の担当者と収納スペースを決めていくのがおすすめです。

 

I型キッチンの施工事例

鈴与ホームパルで手掛けたリフォームの一例をご紹介します。

望月
望月
ご自宅の間取りやスペースと照らし合わせながら、リフォームのイメージを膨らめていってください

こちらは、I型キッチンからI型キッチンにリフォームした事例です。床や壁を変えずにキッチンのみを取り替えた、最もシンプルなリフォームです。

シンク下の収納を引き出しタイプにしたことで、デッドスペースを生むことなく収納できるようになりました。食洗機を取り付けても物が収まる収納力です。

キッチンを新しくしたことで、お部屋の全体の雰囲気がぱっと明るくなりました。

まとめ

I型キッチンは価格面でも機能面でもメリットの多いキッチンです。キッチン空間を一新せずとも、最新型のI型キッチンに取り替えるだけで、想像以上に収納力や使い勝手はアップします。

メリット・デメリットは間取りやスペースによっても変わってくるため、現地調査に来たリフォーム会社の担当者に詳しく聞いてみることをおすすめします。

鈴与ホームパルでは、現地調査からご提案、現場管理、お引き渡しまで、一人の営業担当が責任を持って対応しています。どうぞ安心してご相談ください。

チェックポイント

・キッチンと冷蔵庫のレイアウトを考える
・コンパクトかつ調理スペースのあるキッチンに
・必ず収納したいものを担当者に伝えるようにする

この記事を書いたスタッフ

その他
ホームパル編集部

このスタッフのブログ記事