COLUMNリフォーム豆知識
内装・インテリア 2021.12.22

リビング増築で広々とした空間に!費用、工期、注意点を知っておこう

リビング増築で広々とした空間に!費用、工期、注意点を知っておこう

家族が増えたり、お子さんが成長したりすると、「リビングが狭くて、のびのびと過ごせない」と感じることはありませんか?そんなとき検討したいのが、リビングの増築です。

しかし、増築といっても敷地のどの部分を使えばいいのか、費用はどのくらいかかるのか、仮住まいは必要なのか、など、わからないことは多いものです。

そこで今回は、リビング増築のリフォーム方法から、費用や施工期間、注意点などを解説します

リビングを広くしたいときの選択肢の1つとして押さえおきましょう。

鈴与ホームパル

施工事例もご紹介しているので、ご自宅と照らし合わせながら見ていきましょう。

そもそもリビングの増築リフォームってどんなもの?

増築とは、建物の床面積を増やすことをいいます。リビングの増築リフォームは、以下のような方法で行うことが多いです。

【リビング増築のリフォーム方法】

・庭の一部をリビングにする
・サンルームを設置してリビングの延長として使う

実は、増築のご相談をいただいてご自宅を訪問した際、隣室の不要な物を精査してみると、増築せずとも「間取り変更」で対応できるケースが少なくありません

そのため、この記事では「間取り変更によるリフォーム」もふまえてご紹介していきます。

ちなみに、間取り変更のリフォームでは、以下のようなケースで行うことが多いです。

【間取り変更のリフォーム方法】

・ ダイニングとリビングの間仕切りをなくしてリビングを広くする
・ 隣接の部屋とつなげてリビングを広くする

鈴与ホームパル

断捨離すると、荷物で埋まっていた部屋がきれいに片付くことが多いです。

リビング増築リフォームの費用相場と施工期間

工事内容費用相場工事期間
庭の一部をリビングにする  300~400万円  2週間程度
サンルームを設置する  200〜250万円6~7日  
間仕切りをなくして広げる、
隣接の部屋とつなげる
50万円~1~2週間

庭の一部をリビングにする場合は、6畳くらいの広さで300〜400万円程度です。

後ほど改めてご紹介しますが、増築する部分が10平米(6畳よりやや広いくらい)を超えると、役所への申請が必要となり、申請には費用がかかります

鈴与ホームパル

まずは10平米を超えない範囲での増築を検討するといいでしょう。

間仕切りをなくしてリビングを広げる場合の費用は、建物の状況によって変わります。

工事内容として多いのが、リビングの隣にある8畳程度の和室の間仕切りを撤去するケースです。

この場合、間仕切り壁の中に、家の耐震性を高める筋交いが入っている場合があるので、撤去するにあたりどう耐震性をもたせるかがポイントに。それに伴い、費用も変わってきます。

また、和室とリビングの天井のつくりが異なることが多いため、天井のリフォームをするかしないかでも費用は異なります

担当者さん

鈴与ホームパル

いずれも建物の状況によりケースバイケースなので、金額はあくまで参考値として捉えてください。

お子さんのいるご家庭の場合、リビングの面積を広げつつ、全面改修するケースも見られます。以下のようなリフォームが挙げられます。

・「リビングイン階段」にして、家族と顔を合わせる頻度を増やす
・玄関ホールや廊下部分をリビングに取り込んでスペースを有効活用する

リビングの使い方や面積を広げる方法はさまざまあるので、リフォーム会社の担当者にいろいろ聞いてみるといいでしょう。

鈴与ホームパル

ちなみに、キッチンが使えれば仮住まいが必要になるケースはほとんどないので、ご安心ください。

リビング増築リフォームするときの注意点

リビングの増築リフォーム、間取り変更リフォームをするときに、意識したいポイントをご紹介します。

天井が低くなる可能性がある

まずは、雨仕舞(あまじまい)の関係で、広縁側の天井が低くなってしまう可能性がある点です。

日本の木造住宅では、雨仕舞のために屋根に勾配をつけることが多いため、増築部分の天井が低くなることがあります。

リフォームというと家の内側に注目しがちですが、増築リフォームの場合は家の外側にも目を向けることが大事です

鈴与ホームパル

リビングが広くなると、既存のエアコンでは容量が足りなくなることも。空調関係も意識しましょう。

10㎡を超える増築をする場合は役所への確認申請が必要

リビングに限らず増築する際は、増築する床面積が10平米を超える場合、役所への建築確認申請が必要になります。確認申請には手数料がかかる点に注意しましょう

また、建物の面積は、建ぺい率や容積率によって最大値が決められているため、希望する面積を増やせないケースもあります。

増築リフォームの際は、あらかじめ建ぺい率や容積率を確認しておくと安心です。

鈴与ホームパル

家の面積が増えると固定資産税も増えますね。

リビング増築リフォームの施工事例

リビングの増築リフォームのイメージを掴んでいただくために、鈴与ホームパルで行なった施工事例をご紹介します。

サンルームの設置で広々とした空間に

工事内容サンルームの設置
工期1ヶ月半 ※
かかった費用270万円
※長雨の影響で工期が延長

おばあさまがくつろげる空間をつくりたいというご相談を受け、リビングにつながる形でサンルームを設置した事例です。

外壁には高級感のある素材を採用し、見た目にもこだわりました。日の当たる明るい空間で、お孫さんと遊ぶのを楽しみにされているとのことで、嬉しい限りです。

鈴与ホームパル

素敵なガーデンルームに仕上がりました。

和室の壁を取り除き、開放感のあるお部屋に

工事内容和室とリビングダイニングをつなげるリフォーム
工期10日間
かかった費用90万円

和室の壁を撤去し、リビングダイニングと一体にしたリフォーム事例です。

和室の畳はフローリングに替え、クロスも一新し、押入れをクローゼットにするなどして、全体の統一感を追求しました。

また、ドアの位置を工夫することで、より広々とした開放的な空間に。お客様からは「ピアノも無理なく置けて、120%満足です」と、嬉しいお言葉をいただきました。

鈴与ホームパル

和室から洋室に変えたいときに、参考にしたい施工事例です。

https://www.homepal.jp/case/316/

ほかにも、さまざまな施工事例をご覧いただけます。ぜひ、下記よりチェックしてみてください。

ホームパルの施工事例に内部リンク

リビング増築リフォームまとめ

快適なリビングには、自然に家族が集まってくるものです。適切な広さを求めて行うリビングの増築、あるいは間取りを広げるという選択は、家族とのかけがえのない時間を守ることでもあります。

またリビングの増築や間取り変更は、ある程度工期が必要なリフォームです。ほかの部分のリフォームと合わせて行うと、数ヶ月ご一緒するケースもあります。


長くお付き合いするなかで心がけていることは、お客様にリフォームを楽しんでいただくことです。

というのも、リフォームはお客様にとって非日常のこと。お打ち合わせを重ねたり、工事が始まれば職人さんが家を出入りしたりと、時間や体力を使います。

お客様に明るく前向きな気持ちで取り組んでいただけるよう、大変に思うことや不安な点がありましたら、ぜひ遠慮なくおっしゃってください。安心して進められるようサポートさせていただきます。

鈴与ホームパル

無事リフォームを終えてからも、アフターメンテナンスでお伺いさせていただきます。その点もご安心ください。

この記事のポイント・リビングを広くする場合、間取り変更で対応できるケースがある
・増築の費用相場は50万~250万など、施工内容によって幅がでる
・床面積が10平米超える増築は、役所への申請が必要になる

pagetop