ホームパルの
お役立ち情報をチェック!

2020年4月18日

飛鳥寺

甲府店 長谷川です。

外出自粛が続きますが、こんな時は割り切って家で映画を観たり、ちょっと手の込んだ料理を作ったり、断捨離してみたりといつも出来ないことをして巣ごもり生活を楽しむのも手です。

出掛けられない今ですが、ハレて解禁になったらオススメの飛鳥寺をご紹介。

場所は奈良県明日香村。奈良や京都は観光に行くことはあっても明日香村は交通の便があまりよくないので、なかなか訪れる機会はないかもしれません。美しい田園風景の中にあり、静かで落ち着いた佇まいに安らぎます。

そこで

必見は飛鳥大仏。609年に造られた日本最古の仏像です。

ちょっと横向いているのがお茶目。大火に襲われたり、建物が朽ちて野ざらしになったりしたそうです。よく見れば顔や身体は補修を重ねて傷だらけ。幾多の難を乗り越え1400年以上もそこに鎮座する姿に感動します。

日本中にお寺や仏像はありますが、日本最古の寺•飛鳥寺で、日本最古の仏像•飛鳥大仏を眺めていると、古代日本の大先輩たちに頑張れよ❗️と言われているようで大きな勇気を貰えます。

飛鳥寺の西門を出ると、直ぐ近くに蘇我入鹿の首塚があります。

飛鳥寺のガイドの話では、ここ飛鳥寺で中大兄皇子と中臣鎌足が出会い、よく蹴鞠をして遊んだそうです。となるとここで大化改新の策を練ったのかも。。

さらに車で10分ほど行くと高松塚古墳があります。

歴史の教科書で一度は見たことがある内部の壁画は、先月末12年かかった修復が完了しました。

奈良時代よりもっと前の飛鳥時代、古墳時代に想いを馳せることができる奈良県明日香村は、安らぎと勇気を貰えるところです。

早速行ってみたくなったら今夜放送の「ブラタモリ」(NHK19:30)。奈良飛鳥の特集です 🙂

 

この記事を書いたスタッフ

甲府店
アドバイザー
長谷川 文子
お客様との出会いを大切に、楽しく住まいづくりをしていきます

このスタッフのブログ記事