ホームパルの
お役立ち情報をチェック!

2020年10月15日

使い勝手のいいペニンシュラキッチン、リフォームするときのポイントは?

ペニンシュラキッチンという言葉は聞いたことがあっても、どんなキッチンなのか分からないという方はいませんか?

アイランドキッチンと似ていますが、アイランドキッチンにはない良さがたくさんあります。今回は、ペニンシュラキッチンのメリット・デメリットはもちろん、リフォームするときのポイントをご紹介します。

望月
望月
ペニンシュラキッチンがどんなものか、細かく確認していきましょう。

ペニンシュラキッチンの特徴

ペニンシュラキッチンは、アイランドキッチンと同じく対面型キッチンに分類されるキッチンです。

四方が壁から離れているキッチンをアイランド(=島)キッチンと呼ぶのに対し、ペニンシュラ(=半島)キッチンは、左右どちらかが壁に接しているキッチンを指します。

望月
望月
壁に接している分、アイランドキッチンほどスペースを必要せず、キッチン単体の費用もアイランドより安価なため、対面型を希望する方に人気の高いキッチンです。

 

ペニンシュラキッチンのメリット

ペニンシュラキッチンのメリットを詳しく見ていきましょう。

・アイランドキッチンよりも広いスペースを必要としない
・リビングにいる家族とコミュニケーションを取りながら料理ができる
・開放感はあるが、キッチンが丸見えになりにくい

ペニンシュラキッチンは対面型キッチンに分類されますが、アイランドキッチンほど広いスペースを必要としません

望月
望月
スペース的にアイランドは無理だけど、ペニンシュラなら十分といったケースも多いです。

家族とのコミュニケーションが取りやすい点は、対面型キッチンに共通するメリットです。目線がリビング側に向くように配置されるため開放感があります。

アイランドキッチンのように周りからキッチンが見えてしまうのですが、ペニンシュラキッチンは工夫次第で死角を作りやすいです。

キッチン上部に吊り戸棚をつけたり、キッチンより高さのある造作カウンターを設けたりすることで、キッチンが丸見えになるのを防げます。

望月
望月
丸見えにならない良さは、特に来客があった際などに実感します。

 

ペニンシュラキッチンのデメリット

ペニンシュラキッチンはバランスがいいため、欠点と言うほど大きなデメリットはありません。

以下の3つが挙げられますが、調理時の水ハネや収納スペースなどはアイランドキッチンよりも改善しやすいです。

・料理のにおいや油ハネ・水ハネが気になる
・収納スペースの確保が必要
・開放感と周回性はアイランドキッチンに劣る

たとえば、コンロ前には壁を造作したり、吊り戸棚の設置など収納スペースも設けたりできます。

デメリットも工夫次第で改善できるため、使い勝手の良さに満足されるお客様が多いです。

ただし、アイランドキッチンに比べて開放感と周回性が劣ります。壁に面している部分がある分、動線はアイランドキッチンの方が優れています。

望月
望月
ペニンシュラは、アイランドの良さを持ちつつ、アイランドの欠点を補いやすい印象があります。

 

ペニンシュラキッチンにリフォームするときのポイント

ペニンシュラキッチンにリフォームするときに押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

キッチンのレイアウト

壁付キッチンからペニンシュラキッチンにするなど、キッチン本体の位置の変更を伴うリフォームの際は、事前にレイアウトを考えておくことが大切です。

特に着目してほしい点は、以下になります。

・リビングやダイニングスペースがきちんと確保できるか
・冷蔵庫を使いやすい場所に置けるか
・調理家電を無理なく置けるか
・コンセントの位置は問題ないか

壁付キッチンからペニンシュラキッチンにした場合、キッチン空間が占める面積は増えます。リビングやダイニングに十分なスペースを確保できるかは、必ず押さえておきたいポイントです。

ペニンシュラキッチンは片側が壁に面しているため、キッチン内部に行く通り道は1つだけです。人が通れることはもちろん、冷蔵庫を運べる幅があるかも重要です。

望月
望月
通り道が狭い場合は、冷蔵庫を使いやすい位置に配置することができなくなってしまうため注意しましょう。

また、冷蔵庫以外の調理家電のスペースも事前に確認しておきたいポイントです。

最近の家電はサイズが大きいため、自由に配置しづらくなっています。コンセントの位置も確認しながら、必要であれば電源の増設も検討しましょう。

 

汚れ・においへの対応

ペニンシュラキッチンは、アイランドキッチンほど油ハネや水ハネ、においが拡散しませんが、壁付キッチンと比べると気になりやすいです。

具体的には、以下のような対策が考えられます。

・コンロ側に壁を造作する
・高機能な換気扇を設置する
・キッチン前方部分に、造作カウンターを取り付ける
・キッチンを囲むように腰壁を取り付ける
・シンクやコンロ前にパネルを設置する

腰壁(こしかべ)とは、床から腰ぐらいまでの高さの壁のことです。キッチンより高めに設計した腰壁でキッチンを囲むように取り付けることで、汚れの飛び散りを抑えられます。

望月
望月
造作カウンターや腰壁、パネルは、汚れ防止効果があるだけでなく手元の目隠しにもなるため、あると便利な造作です。

 

収納について

ペニンシュラキッチンは、吊り戸棚を付けたり背面収納を設置したりすることで、収納スペースを増やせます。

また、キッチンのダイニング側に収納空間を造作することも可能です。オープンボックスにして「見せる収納」にするのもおすすめです。

どのキッチンにも該当しますが、シンク下の収納を引き出しタイプにすることで収納力が高まります。お持ちの調理器具を踏まえて、引き出しの高さや中身の整頓方法などを考えましょう。

望月
望月
昨今のキッチンは、驚くほどシンク下の収納力がアップしています。

 

ペニンシュラキッチンの施工事例

鈴与ホームパルで手掛けたリフォームの一例をご紹介します。

望月
望月
ご自宅の間取りやスペースと照らし合わせながら、リフォームのイメージを膨らめていってください。

 

窓側の壁に面したペニンシュラキッチンです。コンロ前に換気扇までつながるガラス製のパネルを取り付けました。透明なので開放感が失われず、対面型キッチンの良さを存分に感じられます。

また、壁一面に設けた背面収納もポイントです。ブラックとホワイトをメインカラーにし、無駄を省いたスタイリッシュなコーディネイトが魅力のキッチンです。

まとめ

ペニンシュラキッチンはバランスがいいため、マンションで多く採用されるキッチンです。キッチンの一部分だけ壁に面しているため、アイランドキッチンと壁付キッチンの両方の良さを感じられます。

ただし、ポイントを押さえておかないと使い勝手の悪いキッチンに仕上がってしまうことも。リフォーム後にこんなはずではなかった…と後悔することのないように、リフォーム会社としっかり打ち合わせを重ねていきましょう。

鈴与ホームパルでは、現地調査からご提案、現場管理、お引き渡しまで、一人の営業担当が責任を持って対応しています。どうぞ安心してご相談ください。

チェックポイント

・開放感もあり使い勝手の良いペニンシュラキッチン
・油ハネや水ハネ、においなどの対策もしやすく、選択肢が多い
・背面収納とシンク下のほか、吊戸棚・キッチンのダイニング側に収納スペースを作れる

この記事を書いたスタッフ

その他
ホームパル編集部

このスタッフのブログ記事