ホームパルの
お役立ち情報をチェック!

2020年10月15日

開放感が魅力のアイランドキッチン、リフォームするときのポイントは?

「せっかくリフォームするなら、憧れていたアイランドキッチンにしてみたい」という方はいませんか?

開放感があっておしゃれな雰囲気が魅力のアイランドキッチンですが、リフォームする際には気をつけたいポイントがあります。

今回はアイランドキッチンのメリット・デメリットのほか、リフォームのポイントをまとめました。

水谷
水谷
気をつけたいポイントを押さえて、後悔のないキッチンリフォームを実現させましょう。

 

アイランドキッチンの特徴

アイランドキッチンは、キッチンが四方の壁から離れているタイプのキッチンを言います。

「アイランド=島」という意味のとおり、キッチンが独立していて、360度どこからでもアクセスできます。開放感があり、対面型キッチンの代表格となるキッチンです。

キッチン単体の費用は、ペニンシュラキッチンや壁付キッチンと比べると、相場も高くなります。

水谷
水谷
グレードにもよりますが、アイランドキッチンの本体相場は約150万円です。一般的なキッチン(I型)の1.5倍を想定すると良いかもしれません。

 

高価になる理由は、アイランドキッチンは他のキッチンより大きめに設計されていること、壁に隠れる部分がないため装飾が必要になることなどが挙げられます。

換気扇も特殊なものになるため、そこでも費用がアップします。

水谷
水谷
アイランドキッチンは隠せる部分がない分、「見せるキッチン」として楽しんでいくことがポイント。食器や調理器具などにもこだわってトータルコーディネイトしていける人や、掃除や整理整頓が好きな人などに向いています。

 

アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチンのメリットを詳しく見ていきましょう。

・圧倒的な開放感
・リビングにいる家族とコミュニケーションを取りながら料理ができる
・家族と一緒に料理ができる
・キッチン周りのレイアウトの自由度が高い
・おしゃれな演出がしやすい

アイランドキッチンの最大の魅力は、その開放感です。

キッチンが独立しているため可動性が高く、一人でも複数人でものびのびと料理をすることができます。開放感があるので、キッチンの明るさも取り入れやすいです。

水谷
水谷
お子さんやお孫さんと一緒に料理をしたい方、ホームパーティが好きな方には最適です。

キッチン周りのレイアウトも魅力的です。広々とした空間になっているため、家電や食器戸棚、冷蔵庫を使いやすいように配置できます。ダイニングテーブルを近くに置けば配膳もスムーズになります。

空間演出がしやすいので、自分好みのおしゃれな雰囲気に仕上げる楽しさがあります。

水谷
水谷
レイアウト次第で家事動線がコンパクトになりますから、使い勝手もいいですよ。

 

アイランドキッチンのデメリット

開放感のあるアイランドキッチンですが、デメリットもあります。リフォーム後に「こんなはずではなかった…」と後悔しないためにも、チェックしておきましょう。

・広いスペースが必要
・油ハネ・水ハネが気になりやすい
・キッチンが丸見えのため掃除が欠かせない
・料理のにおいがリビングに広がりやすい
・収納スペースが少ない

アイランドキッチンの開放感は空間に余裕があってこそ生まれるもの。他のキッチンよりも広いスペースを確保する必要があります

水谷
水谷
アイランドキッチンを希望していても、スペースが足りず、断念する方も少なくありません。

四方に壁がないため、油や水が周りに拡散してしまうという欠点があります。普段からキッチンの整理整頓や掃除をこまめに行うようにしましょう。

また、開放感を重視するアイランドキッチンは、他のキッチンと比べると収納スペースが少なめです。ペニンシュラや壁付キッチンでは付けることの多い吊り戸棚を、アイランドキッチンでは基本的に付けないことが理由になります。

水谷
水谷
ただし、普段吊り戸棚をあまり使っていない方は、なくても特に不便を感じません。

 

アイランドキッチンにリフォームするときのポイント

アイランドキッチンにリフォームするときに押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

キッチンサイズの決め方

アイランドキッチン本体で最もよく採用されているサイズが、横幅2m55cm×奥行1mです。バランスと使い勝手の良さから、当社でもおすすめしています。

キッチン周りには通路として80cmは必要ですが、アイランドキッチンでは作業することも踏まえて、キッチンの前後左右に1mずつ確保できるのが理想的です。

背面には収納棚を設置することが多く、奥行きは少なくても50cmは必要になります。

水谷
水谷
アイランドキッチンを設置する場合、横幅4m55cm、奥行き3m50cmほどのスペースが理想です。イメージとしては2.5間くらいのスペースになります。

 

アイランドキッチンのリフォームで特に注意してほしいのが、部屋全体とのバランスです。狭い空間にアイランドキッチンを設置してしまうと、リビングやダイニングが窮屈になってしまい、期待する開放感が得られません。

アイランドキッチンを設置するとリビングやダイニングがどのくらいのスペースになるのか、リフォーム会社にしっかり確認しましょう。

水谷
水谷
LDKの場合は18畳、DKでしたら12畳あるのが好ましいです。

 

汚れ・においへの対応

アイランドキッチンは、油ハネや水ハネ、におい対策が必要です。

油・水ハネに対しては、コンロやシンクの前にパネルを設置することで軽減できます

水谷
水谷
ガラス製など透け感のあるものを選べば圧迫感もなく、キッチンが丸見えになるのを防ぐ目隠しにもなります。

においに対しては、高機能な換気扇が効果的です。吸引力の高い換気扇をコンロのすぐ上に設置することで、部屋への広がりはかなり押さえられます。

また、アイランドキッチンのワークトップはフラットになっているものが多いため、切った野菜などが床に転がってしまうことがあります。

これはフチに「返し」があるものを選ぶことで防げます。ささいなことですが、日々の家事をスムーズに行うためのポイントです。

水谷
水谷
「返し」があると、液体をこぼしてしまったときも床に流れる心配がありません。

 

収納について

アイランドキッチンは、吊り戸棚を付けないため他のタイプより収納スペースが少ないです。それを補うために活用したいのが、背面収納とシンク下のスペースです。

シンク下の収納は、引き出しタイプにすることで収納力が増します。引き出しの高さも選べるため、収納するものに合ったサイズを選んでいきましょう。

食器棚は、家電も収納できるような大きめの背面収納にすると収納力が格段にアップします。扉を付けて中のものが見えないようにすれば、片付けの手間も減って便利です。

水谷
水谷
あえて扉を付けずディスプレイを楽しむ方法もあります。食器や調理器具にこだわりのある方は、上手に配置することで、おしゃれな雰囲気を演出できますよ。

 

アイランドキッチンの施工事例

鈴与ホームパルで手掛けたリフォームの一例をご紹介します。

水谷
水谷
ご自宅の間取りやスペースと照らし合わせながら、リフォームのイメージを膨らめていってください。

広いLDKを生かし、家族がキッチンに集まりたくなるような存在感のあるアイランドキッチンを設置しました。

お手入れのしやすさを考慮し、キッチン部分の床は水や油汚れに強い素材を使用。開放感を重視し、油ハネ防止パネルはコンロ前にだけに設置しました。

家電置き場も兼ねた背面収納を広くとったことで、収納力は抜群。動線が短く、使い勝手のよいアイランドキッチンが誕生しました。

まとめ

アイランドキッチンのように「見せるキッチン」を楽しむためには、それに応じたスペースの確保やお手入れが欠かせません。

後悔のないキッチンリフォームを行うためには、メリットだけでなくデメリットもしっかり理解することが大切です。そのうえでアイランドキッチンがいいと思ったら、早速リフォーム会社に相談してみましょう。

鈴与ホームパルでは、現地調査からご提案、現場管理、お引き渡しまで、一人の営業担当が責任を持って対応しています。どうぞ安心してご相談ください。

チェックポイント

・開放感のあるアイランドキッチンはスペースの確保がポイントに
・油ハネや水ハネ、においなどの対策を
・背面収納とシンク下のスペースで収納力アップ

この記事を書いたスタッフ

その他
ホームパル編集部

このスタッフのブログ記事